まだ薄毛で消耗してるの? 元プロラグビー選手が「薄毛で悩む時代ではない」を伝えます!LINE相談はこちら

薄毛が遺伝する理由は?(簡単)|ハゲる原因と改善方法を解説!

 

薄毛の家族がいて自分もハゲるのかも?と心配になっている人
薄毛の家族がいて自分もハゲるのかも?と心配になっている人

祖父や父親が薄毛なので、自分もハゲるのではないかと心配。どのくらいの確率でハゲは遺伝するのだろう。遺伝以外でもハゲる原因を知りたい。




こんにちは、元プロラグビー選手のヒカルです。
今回は上記の疑問にお答えします。


祖父や父親が薄毛だと「自分もハゲるんじゃ?」と一度は心配になったことがあるのではないでしょうか?

結論から言ってしまうと、薄毛は遺伝する可能性があります。ただし、遺伝も含めハゲる原因さえ分かれば「予防や対策」ができます。



実際に私の祖父と父親は完全な薄毛でしたが、正しく予防と対策をしてきたおかげで薄毛の悩みとは無縁です。

(一度ハゲかけました)


ということで、今回は「遺伝性の薄毛」に興味がある方向けに、なぜ薄毛は遺伝するのか?といったことを中心に、遺伝する確率は?治療方法はあるのか?といったことをお話します。


それでは、まいりましょう。


本記事の内容

・薄毛が遺伝する理由

・薄毛改善に有効な対策 

・遺伝以外のハゲる原因

 

1、薄毛が遺伝する理由は?(簡単)|ハゲる原因と改善方法を解説



薄毛が遺伝する理由は、主に2つの要素が関わっています。


まず、薄毛が遺伝する理由と改善方法を解説していきます。


遺伝だからと諦めずに、ハゲる原因を理解し改善方法を確認してみてください。

1−1 薄毛が遺伝する理由は?



薄毛になる原因は、男性ホルモンと遺伝が関係しています。


男性ホルモンであるテストステロンが、酵素5αリダクターゼと結合しAGA発症のスイッチをONに切り替えてしまいます。


その結果、生成された「ジヒドロテストステロン」が抜け毛や髪の成長をストップさせる脱毛因子(TGF- β)を増加させ髪の毛の本来の成長周期を乱していきます。


これが薄毛の基本的な構造です。

「5αリダクターゼの遺伝子は、親から子へと引き継がれる」という性質があります。



つまり、父もしくは母方の家族が薄毛の場合は、5αリダクターゼの活性度が高い可能性が高く、遺伝子を受け継いだ子も薄毛体質を持ってしまうことになるのです。

1−2 薄毛が遺伝する確率は?【実は母から隔世遺伝しやすい】



薄毛の遺伝は、母方の祖父母から隔世遺伝しやすいと言われています。


遺伝の確率を高める理由として、重要なポイントは男性ホルモンレセプター(受容体)の感受性です。


男性ホルモンレセプターの特徴は以下の通り。

  • 髪の生え際・頭頂部にある受容体である
  • 男性ホルモンをキャッチする
  • 男性ホルモンの働きを毛母細胞へ伝達する



男性ホルモンレセプターが、ジヒドロテストステロンをキャッチすると、脱毛シグナルを毛母細胞へ伝達することになり、感受性が強ければ強いほどハゲやすくなります。

男性ホルモンレセプターの感受性は、母方の家系に薄毛の方がいる場合に遺伝する可能性が高くなると言われています。


※「母型の祖父が薄毛の場合は75%」「母型の祖父と曽祖父ともに薄毛の場合は約90%」というデータもあります。

 

1−3 ハゲる原因と改善方法【AGA治療を受けることが解決策】



薄毛の根本的な原因は、男性ホルモンのテストステロンが酵素5αリダクターゼと結合し、生成されるジヒドロテストステロンです。


また、薄毛が遺伝する原因は、5αリダクターゼの遺伝子が親から子に引き継がれているから、ということが分かりました。

上記の解決策は今のところ、AGA治療しかありません。ジヒドロテストステロンの生成を抑えられる唯一の治療法だからです。



薄毛の原因はさまざまですが、既になんらかの薄毛が進行している場合は「ジヒドロテストステロン」による薄毛かどうかを知り、可能な限り早く治療することが大切です。


AGA専門クリニックを受診すれば、薄毛の遺伝情報や症状に関する診断を受けられるため一度専門のクリニックに相談することをオススメします。

2、遺伝以外でハゲる原因は?【ストレス・生活習慣・食べ物も薄毛の原因】



ハゲにつながる原因は、遺伝性の症状のみではなく日常生活のなかにも潜んでいます。


ここでは、薄毛の主な原因になりうる以下4つについて解説していきます。

  1. ストレス
  2. 生活習慣の乱れ
  3. 乱れた食生活
  4. 間違ったヘアケア

 

薄毛の原因1:ストレス



ストレス環境に身を置くことは、自立神経の乱れから頭皮環境の悪化につながります。


自律神経の乱れからくる血管の収縮によって、血流が滞り髪に必要な栄養素が不足するからです。


その結果ストレス要因で、頭皮環境の異常が起こると下記のような髪・頭皮環境の悪化につながります。

  • 栄養不足で髪が細くなる
  • 髪のボリュームの減少
  • 頭皮の炎症



ストレス発散と防止を心掛けることが大切です。

薄毛の原因2:生活習慣の乱れ



生活習慣の乱れは、薄毛に繋がる原因です。


睡眠不足・喫煙・飲酒など、悪習慣の積み重ねが頭皮環境に悪影響を及ぼすからです。


睡眠不足・喫煙・飲酒から、薄毛に繋がる原因は下記の通り。

  • 髪の成長に必要な成長ホルモンの減少
  • 細胞分裂が正常ではなくなる
  • たばこのニコチンが血管を収縮し、血行不良になる
  • 育毛に必要なアミノ酸が、アルコール分解で消費される



このように習慣習慣の乱れは、髪と頭皮環境に大きなダメージを与えるため注意が必要です。

薄毛の原因3:乱れた食生活



乱れた食生活を送ることは、栄養不足になるため薄毛の原因になります。


髪を構成するタンパク質「ケラチン」や合成に欠かせない「亜鉛」などは、髪に必要不可欠な栄養素です。


日頃から下記のような食生活の方は、栄養不足から薄毛が進行しやすい体質になるため摂取バランスを考えましょう。

  • 極端な食事制限のダイエット
  • 主食がファーストフード・コンビニ弁当
  • 3食ともに、インスタント食品

 

薄毛の原因4:間違ったヘアケア



間違ったヘアケアを繰り返すと頭皮環境の悪化をまねきます。


例えば「頭皮をゴシゴシと洗う・洗浄力の強いシャンプーを使う」などの行為は皮脂が失われ、皮脂の過剰分泌が起きて毛穴が詰まり抜け毛になります。


頭皮の皮脂をごっそり落とすことで炎症につながるからです。


また洗髪後は、ドライヤーをかけ過ぎると、頭皮環境を悪化させてしまいます。


間違ったヘアケアを繰り返すことは逆効果になり、頭皮環境の悪化に繋がるため気を付けたいポイントです。

3、今からできる薄毛対策5選



ここからは、今からできる薄毛対策について解説していきます。

薄毛対策1:ストレス【まずは、趣味を見つける】



ストレス性の薄毛対策は、ストレス発散する趣味を見つけることです。


ストレス環境から離れることも有効ですが、職場や家庭を変えることはなかなか難しいので最初はストレス発散できる趣味・場所を見つけましょう。


ここでのポイントは、発散できる手段と時間を多く持つことです。


どうしても確保できないという方は、景色を見ながら散歩・ランニングなどもオススメです。

薄毛対策2:生活習慣の乱れ【良い習慣に変えよう】



生活習慣の乱れからの薄毛に対しては、原因となる習慣を変えることです。


悪習慣から薄毛の要因となっているものを、良い習慣に変えれば解決できます。


睡眠不足が原因なら

  • 寝ながらスマホをやらない
  • 帰宅後に1時間早く寝る



喫煙を毎日5本するようでしたら

  • 1日の本数を徐々に減らす
  • 電子たばこに変える



少しずつ習慣を矯正していきましょう。

薄毛対策3:乱れた食生活【誘惑につながることを減らそう】



乱れた食生活を改善する方法としては、コンビニ弁当・手軽な外食・ファーストフードの誘惑につながる行動を減らすことです。


意志の力だけで、日常的に乱れた食生活を変えることは難しいからです。


以下のようなやり方がおすすめで、誘惑につながる行動とは距離を置いていきます。

  • 外食によく行く店の近くを歩かない
  • ファーストフード店がある道を通らない
  • コンビニに行く回数を減らす



そして自炊をする習慣を持ち、栄養バランスの良い食生活を心掛けましょう。


残業ばかりで、時間がなく自炊が難しいという方は、サプリメントで補うという方法がオススメです。


効率的にタンパク質や、髪の毛の成長を促すビタミン・ミネラルを摂取することが大切です。


食事とサプリメントでうまく栄養バランスを整えていきましょう。

薄毛対策4:間違ったヘアケア【シャンプー選びと洗い方を見直す】



間違ったヘアケアの問題は、シャンプー選びと洗い方を見直すことから始めましょう。


薄毛の方は、「アミノ酸」で頭皮の乾燥を抑えるシャンプーがおすすめです。


容器の裏にある成分表示をチェックしましょう。
アミノ酸系洗浄成分は下記の通り。

  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルタウリンNa
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ココイルグルタミン酸
  • ココイルアラニン  



上記のような表記の製品を選ぶと良いです。


洗髪のときは、頭皮を傷つけて炎症を起こさないように、頭皮に爪を立て引っ掻くように洗うのではなく優しくマッサージをする感覚が大切です。

  • 頭皮を指の腹で揉みほぐす
  • 力を入れない
  • 地肌をマッサージするイメージを行う



頭皮を傷付けずにソフトなマッサージを心掛ければ薄毛の予防につながるでしょう。

薄毛対策5:AGAの治療を受ける



既に薄毛が進行していると感じている方は、予防では改善が難しい場合があります。


専門のクリニックで、AGA治療を受けることをオススメします。


AGAの専門クリニックでは、薄毛の進行レベルに合わせた治療が受けられます。

  • 内服薬
  • 外用薬
  • 注入薬



内服薬は、発毛効果やジヒドロテストステロンを抑制する効果のある治療薬です。


また、頭皮環境に直接塗布する外用薬や、近年では直接頭皮に発毛成分を注入するメソセラピーなどもあります。


AGAは進行度が高いほど、それに応じて治療に費やす時間と費用は増大し、早く治療を始めた方は治療の効果を実感できる期間と費用は少なくなります。


少しでも薄毛が進行している方は、AGAクリニックの専門医に相談しましょう。相談は無料なので、早めに受診して頭皮チェックを済ませておくことをオススメします。

4、まとめ



今回は、遺伝性の薄毛の原因と改善方法についてご紹介しました。


要点は以下の通り。

  • 母方の祖父が、薄毛である場合は遺伝でハゲる可能性が高い
  • 母型の祖父が薄毛の場合は75%で、曽祖父も含まれると約90%になる
  • 生活習慣が原因になるので、その習慣を矯正することで予防できる



今回は以上となります。


ご質問・ご不明点等ありましたらお気軽に下記コメント欄やTwitter-DMよりご連絡ください。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です