まだ薄毛で消耗してるの? 元プロラグビー選手が「薄毛で悩む時代ではない」を伝えます!LINE相談はこちら

AGA治療で効果がない人の特徴6選!【治療前の方は必読です】

 

AGA治療を検討している人
AGA治療を検討している人

・AGA治療で効果がなかった、、とSNSで見たけど本当?

・自分のような薄毛でも効果ある?

・高い治療費用を払って効果がなかったり、副作用に悩まされたりしないか不安。



こんにちは、AGA治療7年目のヒカルです。
今回は上記の疑問にお答えします。


AGA治療を始める前は、自分でも本当に効果があるのか?と不安になる方も多いと思います。


私も治療前は、高い治療費用を払って効果がなかったらどうしよう、、と不安に思いながら治療開始したことを今でも鮮明に覚えています。

そこで本記事では、AGA治療で効果が出ない人の特徴6選を中心に、治療前に知っておけばもっと安心して治療開始できたであろう(と私が思う)知識をまとめてみました。



薄毛で悩んでいてAGA治療を検討されている方は、是非参考にしてみてください!


それでは、まいりましょう。


<この記事を読むメリット>

・効果が実感できない人の特徴がわかる

・効果が実感できるまでの期間や費用の目安がわかる

・治療開始前に知っておいた方が良い副作用が理解できる

 

1、AGA治療で効果がない人の特徴6選



次の6つです。


特徴① 効果を実感できず自己判断で治療をやめてしまう
特徴② AGA治療を開始するタイミングが遅すぎる
特徴③ 個人輸入で入手した薬を服用している
特徴④ 薬の種類が自分に合っていない
特徴⑤ 薬を正しく服用していない
特徴⑥ そもそもAGAではない


順番に見ていきましょう。

特徴① 効果を実感できず自己判断で治療をやめてしまう



意を決してAGA治療を始めたにも関わらず、自己判断で治療をやめてしまう人。


クリニックの先生曰く、稀にあるとのことでした。


効果が感じられるまでの期間には個人差があり、一般的には4~6ヶ月必要と言われています。


効果を判断するには、最低でも6ヶ月は継続しましょう。私の場合は、治療開始5ヵ月ほどで薄毛のストレスがほぼなくなりました。

「AGA治療」治療経過を公開する理由は?【20代で治療した結果】「AGA治療」治療経過を公開する理由は?【20代で治療した結果】

 

特徴② AGA治療を開始するタイミングが遅すぎる



毛根が死んでしまってから時間が経ち過ぎると、飲み薬だけの治療では改善しないことがあります。



AGAが進行し過ぎていると、ヘアサイクルが終わってしまっているケースがあるからです。

※ヘアサイクル = 毛が生えてから、抜けるまでのサイクル


AGA治療は、ヘアサイクルを正常に戻していく治療ですので、そもそもヘアサイクルが終了している場合は治療しても改善しません。

ヘアサイクル
ヘアサイクル



植毛手術など、高額な治療をすることになってしまうので、薄毛に気づいたらすぐに対処することが大切です。

特徴③ 個人輸入で入手した薬を服用している



AGA治療薬は、AGAクリニックで購入する以外にも個人輸入(通販サイト)で購入することができます。


個人輸入では、AGAクリニックよりも安く購入できますが、必要成分が含まれていないなどニセモノが流通している場合があるので注意が必要です。


また、副作用など万が一トラブルが発生した際には、自己責任となってしまいます。安心を優先する方は、AGA専門クリニックの一択です。


※個人輸入でAGA治療薬を購入できるサイト(価格比較用にどうぞ)

 

特徴④ 薬の種類が自分に合っていない



AGA治療薬は複数種類あるので、自分の症状に合った薬や用量を処方してもらうことが必須です。


通販サイトなど、自己判断で薬を購入している場合は、間違った薬の種類や用量を選んでしまっている可能性があるので、最初は必ず専門家に相談しながら治療を進めましょう。

<AGA治療薬の種類と効果>
 

・フィナステリド( =プロペシア)
 → 抜け毛を予防する薬
 

・デュタステリド( =ザガーロ)
※フィナステリドが効かない場合に服用
 → 抜け毛を予防する薬
 

・ミノキシジル
 → 発毛を促進する薬

 

特徴⑤ 薬を正しく服用していない



1日1回の服用が基本です。


毎日、用量を守って服用することが大切です。


AGA治療は「ヘアサイクルを徐々に正常に戻していく治療」のため即効性はありません。たくさん薬を飲んだり、反対に飲み忘れが続いたりを繰り返していると効果は半減してしまいます。

特徴⑥ そもそもAGAではない



薄毛の原因は、AGA以外にも複数あります。


薄毛の原因がAGAではない場合、AGA治療を受けても効果はありません。

<AGA以外の薄毛の原因>
 

・円形脱毛症
 →コインのように円形状に毛が抜け落ちる脱毛症。
 

・薬剤性脱毛症
 →薬剤の影響によるも脱毛症。
 

・皮膚疾患による脱毛症
 →皮脂の分泌機能の異常などで起こる脱毛症。

※参考文献:https://gentosha-go.com/articles/-/7292

2、AGAかどうかセルフチェック



「自分がAGAかどうか」まずはセルフチェックしてみましょう。


以下のチェックポイントに当てはまる方は、一度AGAクリニックの受診をオススメします。

<AGAかどうかセルフチェック>

  1. 両親、または祖父母が薄毛
  2. 昔と比べて、抜け毛が多くなってきた
  3. 昔と比べて、髪の毛にコシがなくなってきた
  4. おでこの生え際が後退してきた
  5. 頭頂部の髪の毛が薄くなってきた
  6. 生え際と頭頂部の両方から薄くなってきた



カウンセリングは無料で、しかもマイクロスコープを使って頭皮を確認してもらえます。「治療を受けるほど困っていないけど、薄毛が少しだけ気なっている」といった方は現状チェックに行くのもアリです。


AGAは、成人男性が4分の1が発症すると言われる「進行性の脱毛症」です。AGAかどうかは、専門家に診断してもらうしかないですが、以下のAGA典型パターンに当てはまる方はAGAの可能性が高いです。

<AGAの典型パターンは2つ>

・生え際が後退していきM字になる

・つむじ周辺、頭頂部から薄毛が広がる

 

3、効果を実感しやすい人の特徴



・AGAが発症してからの期間が短い人
・+@の治療をしている人

AGAが発症してからの期間が短い



AGAは進行性の脱毛症で、徐々に薄毛になっていきます。


AGAの進行レベルが軽い場合は、抜け毛を予防する薬(フィナステリド)のみで対処できるケースが多いです。


反対にAGAの進行レベルが重い場合は、抜け毛を予防しつつ、発毛促進の薬(ミノキシジル)も併用する必要があるので、改善に時間がかかります。


私の場合は、以下の図でいうと薄毛進行レベルは「中」だったので、フィナステリドとミノキシジルを併用しての治療でした。



AGAは、放置していると進行してしまうので、治療開始は早ければ早いほど良いということになります。

+@の治療をしている



AGA治療は内服薬での治療が基本ですが、+@の治療をすることで効果を早期に感じやすくなります。

<+@の治療>
 

・外用薬

直接、頭皮に発毛促進用の薬(ミノキシジル)を塗ります。
 

・注入治療
(育毛メソセラピー、HARG療法)

直接、頭皮に発毛促進用の薬(ミノキシジル)などを注入します。
 



お金に余裕があり「どうしても早く効果を感じたい」といった方は、検討してみるのもアリです。

4、AGA治療で効果が実感できるまでの期間や費用の目安



・AGA治療で効果が実感できるまでの期間は4~6ヵ月
・AGA治療の費用目安は 3,000円~13,000円/月

AGA治療で効果が実感できるまでの期間は4~6ヵ月



大切なことなので繰り返しますが、治療開始したら最低でも半年間は継続しましょう。

 

AGA治療の費用目安は「3,000円~13,000円/月



AGA治療の費用は、AGAの進行度合いによって大きく変わります。

※+@の治療もすると月額料金は更に高くなります。

<AGA治療費用の目安>
 

・抜け毛予防のみ
(フィナステリド)
 →3,000円/月
 

・抜け毛予防+発毛促進
(フィナステリド+ミノキシジル)
 →13,000円/月
 

・+@の治療
外用薬:7,500円/本〜
育毛メソセラピー:19,800円/回〜
HARG療法:80,000円/回〜

 

5、AGA治療を開始する前に知っておくべき治療薬の効果と副作用

 

AGA治療薬の種類と効果まとめ



3種類のAGA治療薬があり、自分に合った治療薬と用量を選ぶ必要があります。専門家に相談しながら治療を進めましょう。

・フィナステリド( =プロペシア)
 → 抜け毛を予防する薬
 

・デュタステリド( =ザガーロ)
※フィナステリドが効かない場合に服用
 → 抜け毛を予防する薬
 

・ミノキシジル
 → 発毛を促進する薬

 

AGA治療薬の副作用まとめ



用法・用量を守っていれば、あまり気にならない副作用ですが、リスクがあることも事実です。繰り返しになりますが、専門家に相談しながら治療を進めましょう。


私が実際に経験した副作用は「初期脱毛」「むくみ」「多毛症」でした。

フィナステリド
頭痛、胃の不快感、下痢、眠気、頻尿、勃起機能障害、精力減退、制欲減退、初期脱毛
 

デュタステリド
肝機能障害、黄疸、勃起機能障害、精力減退、リビドー減退、前立腺癌、乳房障害、精液量減少
 

ミノキシジル
かゆみ、めまい、むくみ、頭痛、動悸、勃起機能障害、火照り、低血圧、多毛症、初期脱毛、腎性全身線維症、高カリウム血症、多臓器不全

 

AGA治療薬の効果と副作用【全6種類を初心者向けに解説します】AGA治療薬の効果と副作用【全6種類を初心者向けに解説します】

 

6、AGA治療を開始するタイミング



AGA治療を開始するタイミングは、本当によくいただく質問の1つです。


回答は「早ければ早い方が良い」です。


見た目は薄毛に見えなくても、当の本人が悩んでいるケースが多いです。悩んでいる時間がもったいないので、まずは無料で受けられるカウンセリングに行って頭皮チェックしてみましょう。


ほぼ全てのAGAクリニックで、無料カウンセリングを実施しています。

7、Q&A

 

薄毛は自力でも改善できる?



薄毛の原因がAGAの場合は、自力で改善するのは難しいです。


薄毛の原因となるホルモンの分泌量は、遺伝による影響が強いからです。少しでも薄毛が気になる方は、今すぐにでもAGAクリニックに相談してみましょう。


悶々と悩んでいたことが、バカらしく思うはずです。

シャンプーはこだわった方が良い?



シャンプーは特にこだわる必要なしです。


高額な薬用シャンプーを使ってもAGAは改善しません。とは言え、髪の毛に少しコシが出たり、見た目のボリュームが増えるような安めの薬用シャンプーはアリかと思います。

AGA治療って実際にはどんなことをする?



基本は内服薬のみの治療。


毎日1回、用法・用量を守って薬を飲むだけです。AGAの進行度合いによって、用量などが若干変わります。

植毛ってどう思う?



内服薬での治療で効果がなかった場合、最終手段としての植毛はアリかと思います。ただ、まずは内服薬のみでの治療がおすすめです。


植毛をしても、内服薬と併用するケースがほとんどだからです。

8、まとめ



いかがでしたでしょうか。


本記事では、AGA治療で効果がでない人の特徴6選、治療前に知っておけばもっと安心して治療開始できたであろう(と私が思う)知識をお話しました。


以上、参考になっていれば嬉しいです。
ご質問やご不明点等ありましたら、以下コメント欄かTwitter-DMよりお気軽にご連絡ください。


<AGA治療で効果が実感できない人の特徴>

特徴① 効果を実感できず自己判断で治療をやめてしまう
特徴② AGA治療を開始するタイミングが遅すぎる
特徴③ 個人輸入で入手した薬を服用している
特徴④ 薬の種類が自分に合っていない
特徴⑤ 薬を正しく服用していない
特徴⑥ そもそもAGAではない


<効果が実感できるまでの期間や費用>

・効果が実感できるまでの期間目安
 →4〜6ヶ月

・AGA治療の月額費用目安
 →3,000〜13,000円/月


<AGA治療開始前に知っておくべき副作用>

フィナステリド
頭痛、胃の不快感、下痢、眠気、頻尿、勃起機能障害、精力減退、制欲減退、初期脱毛

デュタステリド
肝機能障害、黄疸、勃起機能障害、精力減退、リビドー減退、前立腺癌、乳房障害、精液量減少

ミノキシジル
かゆみ、めまい、むくみ、頭痛、動悸、勃起機能障害、火照り、低血圧、多毛症、初期脱毛、腎性全身線維症、高カリウム血症、多臓器不全

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です