まだ薄毛で消耗してるの? 元プロラグビー選手が「薄毛で悩む時代ではない」を伝えます!

AGA治療 期間はどのくらい?発毛後はどうすればいい?【体験談】

AGA治療 期間はどのくらい?発毛後はどうすればいい?【体験談】



AGA治療はどのくらい続けるべきか、治療を始めたら一生続けないといけないのか?AGA治療を検討している方であれば、気になるところかと思います。


そこで本記事では、どのくらいの期間で、どのくらいの効果があるのか?といったことを治療経験を元にお話していきます。


結論から言ってしまうと、AGA治療は6ヶ月以上は続けましょうというお話です。薄毛が治った後、薄毛に戻らないための2つの方法もお話していきます。(私のパターン、リア友のパターンの2パターン)

治療を始めても、すぐには髪の毛が生えない理由は、通常のヘアサイクルに戻るまで「4ヶ月〜半年間必要だから」と言われています。ちなみにですが、私の場合、治療開始5ヶ月ほどで薄毛の悩みはかなり解消しました。


※ヘアサイクルとは、毛が生えてから抜けるまでのサイクルのことです。
通常のヘアサイクルは3〜6年と言われており、AGA(男性型脱毛症)の場合は、1〜2年のように短くなります。


それでは、まいりましょう。


http://hikaru-blog.net/wp-content/uploads/2019/03/49e344fc51a554edfe41e3ea26a9ce9a.png
ヒカル

本記事を読むメリットです。

・AGA治療期間と治療費用の目安がわかる
・効果を実感するまでに6か月以上かかる理由がわかる
・薄毛が改善された後、毛量をキープする方法がわかる


この記事を書いている私は、約4年の治療経験があり、以下の写真のように薄毛が改善しました。現在(2019/7現在)は、量を少なくして薬を服用しています。

AGA治療前
AGA治療前
AGA治療後
AGA治療後
<AGA治療歴>

・2013年4月から約2年間 薬用シャンプー(スカルプD)、育毛剤(リアップX5)を使用
・2015月6月から約1年間  AGAスキンクリニック で治療
・2019年7月 現在は量を少なくして薬を服用

1、AGA治療 期間はどのくらい?(効果が実感できるまでの治療期間)

1−1 AGA治療とは(薄毛になる原因は?)

AGA治療 期間はどのくらい?発毛後はどうすればいい?【体験談】


※知識がある方は読まなくて大丈夫です。薄毛になる原因とは?と聞かれてまだ答えられない方は、さらっと読んでみてください。


そもそもAGA「男性型脱毛症」とは何か? をご理解いただくことで「すぐには治療効果が実感できない理由」が分かりやすくなります。
 

実際に私は、AGA治療院で初回カウンセリングを受けた際に、初めてちゃんと「AGAとは何か? 毛が抜ける原因とは?」といった説明を受けて、治療期間への心理的不安が大きく解消されました。  


薄毛になる原因とは?

・髪の毛が抜ける原因物質はDHT(ジヒドロテストステロン)

・そのDHT(ジヒドロテストステロン)は「テストステロン(男性ホルモンの一種)」と「5αリダクターゼ(酵素の一種)」が結びついた時に生成される。

・「テストステロン」と「5αリダクターゼ」が結びつかなければ髪の毛は抜けない


薄毛になる原因に対してAGA治療は、基本的に2種類の薬を服用して、ヘアサイクルを正常に戻す治療です。

2種類の薬の役割

フィナステリド(プロペシアとも言いいます)
「5αリダクターゼ(酵素の一種)」の発生を抑制して、「テストステロン(男性ホルモンの一種)が、DHT(ジヒドロテストステロン)に転換されるのを抑制する。

ミノキシジル
発毛促進(血行促進、血管拡張)


効果が出始めるまでの期間には個人差がありますが、「効果が出始める時期=薬が効いてくる時期」と考えてください。念のために用語説明↓も載せておきます。

用語説明
・DHT(ジヒドロテストステロン):男性モルモンの一種

・テストステロン:男性ホルモンの一種
・5αリダクターゼ:代謝に関与する酵素の一種
・ヘアサイクル:発毛してから脱毛するまでのサイクルのこと

<ヘアサイクルのイメージ>
・通常のヘアサイクル
休止期(3-4か月)→成長期(2-6年)→退行期(2週間)
・AGAのヘアサイクル
休止期(3-4か月)→成長期(数ヶ月-1年)→退行期(2週間)

1−2 AGA治療期間の目安(写真比較:治療前と半年後)


※写真比較:治療前と半年後

AGA治療前
AGA治療前
AGA治療7ヶ月目
AGA治療7ヶ月目


繰り返しになり恐縮ですが、AGA治療は、すぐには効果が実感できませんので一度始めたら半年間は継続が必要です。


AGA治療は、ヘアサイクルを正常に戻す治療で、弱った髪の毛を押し出して、徐々に強い髪の毛が生えてくるからです。


どんな薬でも効果に個人差があるように、AGA治療でも薬が効いてくるまでの期間には個人差があります。この期間が一般的には、4ヶ月〜半年程度と言われています。


また、AGA治療を始める年齢や、薄毛の進行具合によって効果を実感できるまでの期間は変わります。年齢が若いほど治療効果が高く、年齢を重ねるごとに治療効果は低くなっていくと言われているので、治療を躊躇している方は、なるべく早く始めた方が良いです。


私の場合は、AGA治療を開始して4〜5ヶ月目で、急に髪の毛が生え出しました。(3ヶ月目までは、見た目の変化は全くありませんでした)

詳しい治療経過はこちら↓

「AGA治療」治療経過を公開する理由は?【20代で治療した結果】「AGA治療」治療経過を公開する理由は?【20代で治療した結果】

 

1−3 AGA治療費用の目安(治療料金を安く抑える方法)


治療費用は、最初は15,000円/月で始めて、薬の量を減らしていって最終的には3,500円/月でOKです。


費用の目安を以下の図で確認してください。

※AGA治療薬を処方してもらうクリニックによって、料金は若干変わってきますが、おおよそ価格感は合っているはずです。

薬の服用歴(薬量の推移)

<治療開始〜1年>
フィナステリド1mg、ミノキシジル5mg
<2年目>
フィナステリド1mg、ミノキシジル2.5mg
<3年目〜現在>
2日に1回服用 フィナステリド1mg、ミノキシジル2.5mg


15,000円/月で治療を開始して、3年目以降は、「2日に1回服用 フィナステリド1mg、ミノキシジル2.5mg」で、3,500円/月です。ここまで薬の量を減らせれば、金銭的にも精神的にも続けやすくなります。


AGA治療費用の目安(月額)は、約15,000円ですが、クリニック毎に初期費用や薬料金が若干異なります。


詳細を確認したい方は、こちらの記事も参考にしていただけると幸いです。最低料金ではなく、実際にかかる費用の総額をご確認いただけます。↓↓

AGA治療 おすすめクリニック4選|2019年版【薄毛は治療できる】AGA治療 おすすめクリニック4選|2019年版【薄毛は治療できる】


3,500円/月を次の章↓で、もう少し深掘りします。

2、発毛後はどうすればいい?(どのくらい治療を続けるべきか)

2−1 AGA治療を継続(毛量をキープできる薬の量とは)

AGA治療 期間はどのくらい?発毛後はどうすればいい?【体験談】

  

http://hikaru-blog.net/wp-content/uploads/2019/03/49e344fc51a554edfe41e3ea26a9ce9a.png

AGA治療で薄毛が改善した後、どのくらい治療を続けるべきか?治療費用も高いし、、といったことについてです。

結論から言ってしまうと、私は3,500円/月で毛量をキープしています。治療内容は下記の通りです。


「フィナステリド1mg、ミノキシジル2.5mgを2日に一回服用」(薬の量を、治療開始時のフィナステリド2分の1、ミノキシジル4分の1に減らして薬服用を継続しています) 


2016年12月頃から徐々に薬(フィナステリド、ミノキシジル)の量を減らしていき、2017年夏頃からは、3,500円/月で毛量をキープできています。


どのくらい薬の服用を続けるべきかは、個人差がありますので、断言はできませんが髪の毛が生える前(AGA治療前)から、過度に心配する必要はないと私は考えます。

<AGA治療歴>

・2013年4月から約2年間 薬用シャンプー(スカルプD)、育毛剤(リアップX5)を使用
・2015月6月から約1年間  AGAスキンクリニック で治療
・2019年7月 現在は量を少なくして薬を服用

  

2−2 薄毛完治後にAGA治療を止めた友人の話(なぜ治療を止めたのか)


準備中(まだインタビューできていません)

※詳細は確認ができていませんが、ざっくり言ってしまうと、健康的な生活(食事と睡眠など)をすることで毛量をキープできているそうです。(スポーツトレーナーの友人の話)

まとめ


AGA治療は6ヶ月以上は続ける必要があります。発毛後は、薬の量を調整しつつ、健康的な生活をすることで毛量をキープできます。


治療を始めるのは勇気が必要かと思いますが、このブログを読んでいただいた皆様の不安が、少しでも解消されれば嬉しいです。


ということで、本記事は以上となります。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です